FC2ブログ

たてもの探訪【神勝寺】

ここは広島県福山市。訪れたのは臨済宗のお寺「神勝寺(しんしょうじ)」です。ちょうど2020年の元日ということもあり、初詣を兼ねて行ってきました。人がごった返しているかと思いきや、けっこう静かでのどかな雰囲気。
20200121 (1)

境内に入ると藤森照信さん設計の「松堂」で受付。屋根には銅版を手で曲げたものを使用。
20200121 (5)

外壁は荒々しい手仕事の表情がみられます。
20200121 (6)

山へ向かって歩いていくと、見えてきたのが「秀路軒」。江戸時代に焼失した表千家の茶室を再建したものです。
20200121 (7)

静謐漂うお茶室。
20200121 (8)

さらに山を登っていくと本堂の「無明院」に到達。大きなお庭が広がっておりますが、このお庭の設計は作庭家の中根金作さん。あの足立美術館のお庭を手掛けた方です。
20200121 (2)

禅に関するミュージアム「荘厳堂」。ここまで見学しているだけでもけっこう楽しめます。
20200121 (4)

本堂を後にして下山。木の板でできた大きな建物が地上から浮いています。
20200121 (10)

これが禅と庭のミュージアム「洸庭」。実際はかなりの大きさです。中では映像のインスタレーションを見学することができます。
20200121 (11)

途中で見つけたロバの「一休クン」。人懐こく寄ってきてくれました。かわゆい。
20200121 (9)

と、色々な見どころ満載のお寺「神勝寺」。まるでアミューズメントパークのように嬉々として楽しめます。見どころがあり過ぎて、閉店時間?まで歩き回っていました。

また、こちらでは名物の「神勝寺うどん」があり、お坊さんがうどんを食べる作法にのっとり提供しているとのこと。

とても面白く見どころ満載の「神勝寺」でした!広島県に行かれた際にはぜひ!

たてもの探訪【福井県年縞博物館】

福井県若狭町にある三方五湖。その三方五湖の一つ水月湖のほとりに昨年「福井県年稿(ねんこう)博物館」がオープンしました。
2019121902.jpg

年稿(ねんこう)とは湖底にたまるプランクトンなどの堆積物が層になっているもので、一年に一層形成されます。ここ水月湖の年稿は7万年分が連続して堆積している世界でも非常に珍しい年稿とのこと。
2019121903.jpg

7万年目までずらっと並ぶ年稿は、長さ45m。この年稿の中の物質を調べることで当時の気候や周辺環境を調べることができます。現在に至る気温の変化や火山の噴火などの履歴もこの年稿に刻まれているとのこと。
2019121906.jpg

大きな梁を利用したベンチや、年稿を採取する際に使用したロッドと同じ径の鉄柱など、マニアックなところも。
2019121904.jpg

博物館の一部はカフェになっていて、天気の良い日は水月湖がきれいに見えるそうです。
2019121901.jpg

7万年の歴史が長すぎてピンときませんでしたが、係員の方の説明が非常に面白く予定時刻を大幅に超えて見学してしまいました。明るい時間にいったのに、写真はちょっと暗めになっているのはそのため。この水月湖の年稿は世界の年代測定に利用されるなど、地球の物差しとして知られているそうです。

年稿ケーキや年稿ネクタイがあったのですが、年稿USBなんかも面白いのではないかと思いました。

たてもの探訪【里山住宅博 in TSUKUBA2019】

茨城県つくば市にて開催されている「里山住宅博 in TSUKUBA2019」を見学に。20棟を超える住宅が見学できる、大規模な住宅展です。
201911104.jpg

なるべく自然の地形を活かしながら、住まう人々が植栽などを手入れし街並みを作っていく。年月が経つにつれ街並みが育っていくというコンセプトです。
201911101.jpg

この住宅の室内からは床に樹木の影ができ、内と外のつながりが感じられます。面積は非常にコンパクトでしたが広がりが感じられます。
201911102.jpg

新築とは思えない風景。以前からそこにあるような感じ。
201911105.jpg

素材の使い方や細かい部分の作りこみ方、空間の取り方などとても勉強になりました。
201911103.jpg

街並みを住まう人々が作っていく。この考え方はぜひ参考にしていきたいと思いました。

じっくり見過ぎて、予定していた帰りの時間が大幅に遅れてしまいました。車で行ったので片道6時間の日帰り旅行。

1日の半分はほぼ高速道路上で過ごしたことになりますが、それ以上に得るものは大きかったのではないかと思います。

ただ、翌日会社にて報告した第一声は「昼につくばで食べたラーメンがとても美味しかった」ことでした。

たてもの探訪【みんなの森 ぎふメディアコスモス】

岐阜県岐阜市にある複合施設「みんなの森 ぎふメディアコスモス」。以前から気になっていたので、お盆休みに行ってきました。設計は伊東豊雄建築設計事務所。
201908181 (7)

ちなみに来年の大河ドラマの主人公は「明智光秀」、岐阜県出身なので様々なところで宣伝されていました。話が脱線しましたが、ホールに入ると木のルーバー天井。1階はホールやギャラリースペース、様々な市民活動の場として活用できるように計画されています。
201908181 (4)

1階の総合案内の近くにあるガラス張りのエリア。「本の蔵」とあり、中を覗くと様々な本が詰まっています。
201908181 (5)

カッコ良さげなエスカレーターで2階へ
201908181 (8)

2階へ昇ると、岐阜市立中央図書館になっています。さきほどの本の蔵はこちらの本の所蔵スペース。木の格子で組まれたゆるやかな天井の不思議な大空間。天井はデザイン性だけでなく構造材としても機能しているヒノキの格子。自然な曲面は木のしなりを利用して作られているようです。
201908181 (9)

図書館の案内図。いろんな模様の丸い部分があります。
201908181 (10)

案内図にあった丸い部分はこちらの笠状のグローブと呼ばれる部分。案内図の模様は笠部分の模様になっています。この布製のグローブは昼間は自然光をおだやかに室内に拡散するとともに、夜には照明のシェードとなります。このグローブの上部には天窓が設けてあり、開けることで室内にゆるやかな風を流すようになっています。機械を使わない自然の力による換気方式。
201908181 (11)

頂いたパンフレットに「図書館は 本で人とまちをつなぐ 屋根のついた公園です」とありましたが、そんな印象を受ける公園のような図書館でした。また、建物の外も木々の緑や川のせせらぎがある市民の憩いの場になっており、敷地全体がとても素敵な空間でした。

たてもの探訪【清春芸術村】

先日のゴールデンウィーク、連休を利用して山梨県の北杜市にある「清春芸術村」へ。様々な建物が点在していて、建築の博物館のようなことになっています。
201905101.jpg

入ってすぐにある建物「ラ・リューシュ」。エッフェル塔を作ったエッフェル氏による建築を完全コピーしたもの。オリジナルはパリに存在しているようです。
201905102.jpg

手前が安藤忠雄氏設計の光の美術館、奥は谷口吉生氏設計のルオー礼拝堂。
201905103.jpg

光の美術館は一切の人工照明がなく太陽の光だけで展示してありました。
201905104.jpg

ルオー礼拝堂は曲面のコンクリートが印象的で、インスタレーションの展示。ちなみに谷口氏は金沢市にゆかりの深い建築家で、玉川町の玉川図書館や本多町にある鈴木大拙館も谷口氏が携わっています。
201905105.jpg

個人的に大好きな建築家、藤森照信氏による茶室「徹(てつ)」。相変わらずおとぎの国から出てきたみたいな感じです。
201905106.jpg

今回見たかった新たな建物「和心」。残念ながら一般公開されていなかったので、屋根だけ見てきました。この他にもまだまだ建築が。
201905107.jpg

美術館などに行くと、内部の撮影が禁止のところが多いのですが、こちらは事前に撮影して良い場所を教えてもらえたので助かりました。見たものは写真に撮っておかないと後々忘れてしまうので。


プロフィール

chubu-jc

Author:chubu-jc
石川県金沢市の住宅会社。外断熱、長期優良住宅(200年住宅)や自然素材、檜の家などの住宅から土地の分譲など住まいのニーズに幅広く対応。街づくりから家づくりをデザインするトータルプランナーです。

石川県人気ブログランキング
中部ジェイ・シィ HP
旧ブログ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ