FC2ブログ

たてもの探訪「川崎市立日本民家園」

ここは神奈川県の川崎市にある「川崎市立日本民家園」。20棟を超える日本家屋が移築されている、まさに古民家の博物館です。
202011055.jpg

園内にはところどころに古民家が建ち並び、昔の日本に来たかのよう。
202011056.jpg

個人的に好きな建物がこちらの住宅。元々は17世紀末の山梨県に建てられた家。右と左の屋根の軒の高さが違っていたり、柱が曲がっているものを使っていたり、こういう建物がかっこ良く感じる今日この頃。左側の軒先の高さは1.5mくらい。昔の人でも低く感じたと思います。
202011051.jpg

正面から見ると低い軒先がスタイリッシュ。実はこの建物が建てられた元の地域は風が強く、正面からの雨風を防ぐためにこの軒先の高さになっているとのこと。
202011050.jpg

ほとんどの窓が軒先の低い正面側にしかついていないので、室内に入ると照明がついているにもかかわらずかなり暗い。入ったばっかりは目が慣れていないので、しばらく立ち止まっていないと何も見えないくらい。土壁や柱や梁など黒い木材、黒い建具も光を反射しづらいので、さらに暗さがアップしています。ひょっとしたら昔は正面に池や川があって、下からの反射光によって室内が照らされていたのかも、と考え込むくらい暗い。
202011053.jpg

さらに特筆すべきものが屋根の上に。屋根のてっぺん(棟)に草を生やした、芝棟です。イワヒバという植物を植えてあるようです。寒い地方では防寒のために植えたらしいのですが、詳しいことはわかりませんでしたが、これもポイントが高い部分です。
202011052.jpg

これはほんの一例ですが、昔の民家を見ると今の住宅と違って、建物の形自体が地域の特性に合わせ建てられています。今でいうパッシブ住宅そのものでした。こういう建物を見るとテンションがあがるようになっています。

20年ほど前、この民家園のすぐ横の学校に通っていたのですが、学生時代には素通りするだけで中に入ったことはありませんでした。あれから随分経ちますが、まさか民家園でテンションがあがるようになっているとは学生時代の自分には想像もつきませんでした。



たてもの探訪「伊豆高原の家」

静岡県の伊豆高原にある『伊豆高原の家』。建築家の堀部安嗣(ほりべやすし)さんが設計された別荘です。見学する機会をいただき訪問してきました。今から20年以上前、堀部さんが20代の頃に設計した建物です。1階10坪、2階10坪のかわいらしい別荘。
202010091.jpg

2階リビングにある大きな窓から差し込む光が部屋の中に陰影をつくっており、とても落ち着いた空間でした。「全体が明るい必要はなく、明るいところと暗いところがあることで空間がより豊かになる。」と堀部さんからご説明いただきました。面積の大小ではなく、空間の作り方によって狭くも広くもなる感じがとても良く理解できました。
202010092.jpg

一階の寝室は天井を低く抑え、こちらも落ち着いた空間。杉の無垢フローリングの経年変化の様子も良くわかります。半日ほど過ごさせていただきましたが、とても気持ち良い空間でした。建物のメンテナンスに関するアドバイスなども、実例を元にご説明いただきとても有意義な時間となりました。加賀市には堀部さんが設計したカフェがあり、その建築時のお話もうかがうことができました。
202010093.jpg

実は今から8年前に堀部さんにお会いしてサインをもらったことがありますが、その時は緊張でサインをもらうことでいっぱいいっぱいでした。今回はご本人と色々とお話をできたので、当時のリベンジ達成した気分になりました(笑)





多治見市モザイクタイルミュージアム

ここは岐阜県多治見市。モザイクタイル発祥の地で全国一の生産量を誇る町です。そこに2016年にオープンした多治見市モザイクタイルミュージアム。設計は藤森照信さん、楽しい建築を世界で手掛けている建築家です。
DSC_7431_00001.jpg

住宅街の中でここだけ不思議な世界になっています。
201908141.jpg

館内には様々なタイルの展示や、タイルの歴史を学ぶコーナーも。
201908144.jpg

小さなタイルから作られたアート作品のようなものもありました。後ろに見えるのは銭湯で見られたタイル絵。
201908142.jpg

車もタイルで埋め尽くされています。
201908146.jpg

このように建築の材料のタイルひとつ取っても、とても興味深い発見がありました。また藤森さんの建築を見に行きたいと思います。


たてもの探訪【苗木城跡(なえぎじょうあと)】

新型コロナウイルスによって外出の自粛をしている今日この頃。昨年、岐阜県中津川市に面白いお城の跡があると聞いて行ってきました。その名は苗木城跡。
山道を進んでいくとお城の跡が見えてきます。
202004235.jpg

古代の遺跡のような石垣の跡が。かなり大きいものですが、こちらは昔倉庫として使っていた建物の跡地。ラスボスはこのような普通の姿ではないはず。
202004231.jpg

奥に見えてきたのが最終目的地の本丸跡。大きな岩がゴロンゴロン転がっています。
202004236.jpg

真下から見上げても石垣の上には大きな岩が見えます。
202004237.jpg

天守閣のあったところにある展望台の下をのぞくとここにも大きな岩が。そう、この城は大きな岩の上に建ててあったのです。柱を立てるための穴が岩に刻んであります。懸け造りという清水寺などにも用いられている方法で作られていたそうです。
202004238.jpg

展望台から見る眺めは素晴らしい。木曽川の向こうに市街地が見えます。この風景を気に入って建てたのではないかと思うくらい、素敵な長めです。なぜわざわざ岩の上に作ったのかは、私にはわかりませんでした。
202004234.jpg

ただしここに来る途中にはこんなのや
202004239.jpg

こんなのが、いくつもありますので高いところが苦手な方にはお勧めできません。
2020042310.jpg

自然の地形を巧みに利用してお城をつくってしまう、昔の技術のすごさを垣間見ることができました。

最近は外出もままならないですが、しばらくは我慢してまた色々と訪れたいと思っています。ちなみに建物探訪は、まだまだネタがありますので、小出しにしていこうかと思っていますが、昨年より前に行ったものです。外出はちゃんと自粛しておりますので、ご安心ください。




たてもの探訪【前浜掩体群(まえはまえんたいぐん)】

ここは高知県南国市。のどかな田園風景の中になにやら不思議な物体が。
20200212.jpg

ひときわ巨大なこちらのコンクリートの物体。高さは2階建ての家くらいあります。
20200215.jpg

こちらのは草木に覆われて野生化していました。
20200213.jpg

住宅地のそばにも容赦なく存在しています。ガンダムに出てきそう。
20200214.jpg

これらは掩体壕(えんたいごう)といって、太平洋戦争中に飛行機を入れるために造られたものです。ここ南国市にはアメリカ軍の上陸に備えて、こういったものが数多く作られていたようです。
20200211.jpg

この前浜地区には現在でも7つの掩体壕が残っており、掩体群として南国市の史跡に認定されています。
20200217.jpg

こちらのドライブスルー掩体壕。生活道路が貫通するタイプで、シュールな光景です。
20200216.jpg

これらの掩体壕ですが機銃掃射の弾の跡があるものもあり、戦争の悲惨さを語り継ぐ語り部として、平和の尊さを訴える碑となっています。なんと、小松空港周辺にもあるとのことで今度みてこようかなと思います。
プロフィール

chubu-jc

Author:chubu-jc
石川県金沢市の住宅会社。外断熱、長期優良住宅(200年住宅)や自然素材、檜の家などの住宅から土地の分譲など住まいのニーズに幅広く対応。街づくりから家づくりをデザインするトータルプランナーです。

石川県人気ブログランキング
中部ジェイ・シィ HP
旧ブログ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ