FC2ブログ

たてもの探訪【みんなの森 ぎふメディアコスモス】

岐阜県岐阜市にある複合施設「みんなの森 ぎふメディアコスモス」。以前から気になっていたので、お盆休みに行ってきました。設計は伊東豊雄建築設計事務所。
201908181 (7)

ちなみに来年の大河ドラマの主人公は「明智光秀」、岐阜県出身なので様々なところで宣伝されていました。話が脱線しましたが、ホールに入ると木のルーバー天井。1階はホールやギャラリースペース、様々な市民活動の場として活用できるように計画されています。
201908181 (4)

1階の総合案内の近くにあるガラス張りのエリア。「本の蔵」とあり、中を覗くと様々な本が詰まっています。
201908181 (5)

カッコ良さげなエスカレーターで2階へ
201908181 (8)

2階へ昇ると、岐阜市立中央図書館になっています。さきほどの本の蔵はこちらの本の所蔵スペース。木の格子で組まれたゆるやかな天井の不思議な大空間。天井はデザイン性だけでなく構造材としても機能しているヒノキの格子。自然な曲面は木のしなりを利用して作られているようです。
201908181 (9)

図書館の案内図。いろんな模様の丸い部分があります。
201908181 (10)

案内図にあった丸い部分はこちらの笠状のグローブと呼ばれる部分。案内図の模様は笠部分の模様になっています。この布製のグローブは昼間は自然光をおだやかに室内に拡散するとともに、夜には照明のシェードとなります。このグローブの上部には天窓が設けてあり、開けることで室内にゆるやかな風を流すようになっています。機械を使わない自然の力による換気方式。
201908181 (11)

頂いたパンフレットに「図書館は 本で人とまちをつなぐ 屋根のついた公園です」とありましたが、そんな印象を受ける公園のような図書館でした。また、建物の外も木々の緑や川のせせらぎがある市民の憩いの場になっており、敷地全体がとても素敵な空間でした。

たてもの探訪「清春芸術村」

先日のゴールデンウィーク、連休を利用して山梨県の北杜市にある「清春芸術村」へ。様々な建物が点在していて、建築の博物館のようなことになっています。
201905101.jpg

入ってすぐにある建物「ラ・リューシュ」。エッフェル塔を作ったエッフェル氏による建築を完全コピーしたもの。オリジナルはパリに存在しているようです。
201905102.jpg

手前が安藤忠雄氏設計の光の美術館、奥は谷口吉生氏設計のルオー礼拝堂。
201905103.jpg

光の美術館は一切の人工照明がなく太陽の光だけで展示してありました。
201905104.jpg

ルオー礼拝堂は曲面のコンクリートが印象的で、インスタレーションの展示。ちなみに谷口氏は金沢市にゆかりの深い建築家で、玉川町の玉川図書館や本多町にある鈴木大拙館も谷口氏が携わっています。
201905105.jpg

個人的に大好きな建築家、藤森照信氏による茶室「徹(てつ)」。相変わらずおとぎの国から出てきたみたいな感じです。
201905106.jpg

今回見たかった新たな建物「和心」。残念ながら一般公開されていなかったので、屋根だけ見てきました。この他にもまだまだ建築が。
201905107.jpg

美術館などに行くと、内部の撮影が禁止のところが多いのですが、こちらは事前に撮影して良い場所を教えてもらえたので助かりました。見たものは写真に撮っておかないと後々忘れてしまうので。


たてもの探訪【大谷石資料館】(おおやいししりょうかん)

前回の続きで、群馬県から栃木県の宇都宮へ。モデルハウス「環の里」で玄関に使用している大谷石(おおやいし)の産地です。
201901110.jpg

大谷石の採掘場跡が資料館として見学できるようになっています。周囲の岩は大谷石でできています。
201901111.jpg

地下に入ると大谷石を切り出してできた大空間が広がっています。戦時中はここに飛行機の工場が置かれたほど。外よりも気温が高く、地熱の影響で年間を通じて安定した温度になっているようです。
201901113.jpg

この空間を利用して様々な映画やPVが撮影されているとのこと。壁にその時の写真が多数展示してあります。
201901117.jpg

大きさの規格も様々あるようで、大きさ別に展示してあります。
201901114.jpg

ここでは「石の華」と呼ばれる不思議な現象があるようです。
201901115.jpg

岩肌から綿のような白い結晶の「石の華」がたくさん出ていました。触ってみると感触が感じられないほど柔らかく不思議な物体。
201901116.jpg

大谷石はそれぞれ表情があり、存在感があります。ちょっとお値段はしますが、オススメしたい素材のひとつです。
宇都宮まで遠いのでひとますモデルハウスでご覧ください。ただし「石の華」は出てこないのでご了承ください。



たてもの探訪「富岡製糸場」など

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
年末年始の休暇を利用して、群馬県と栃木県に行ってきました。群馬県でのお目当ては世界遺産「富岡製糸場」。
その前に駐車場から徒歩圏内にある建築を見て回ることにしました。まずは「上州富岡駅」、グッドデザイン賞を受賞した駅舎で設計はTNA。
201901061.jpg

水平に伸びた屋根とレンガで造られた駅舎です。
201901062.jpg

そこから歩いてすぐにある「富岡市役所」。設計は隈研吾建築都市設計事務所、木のルーバーの垂直ラインと屋根の水平ラインが強調されたデザイン。中庭を囲むような配置計画です。
201901063.jpg

最後に訪れたのが世界遺産「富岡製糸場」。
201901064.jpg

繰糸所の内部。木骨煉瓦造という他ではあまり見かけない工法で建てられています。
201901065.jpg

敷地内には社宅も。こちらの建物は明治29年以前の建築になるそうです。
201901066.jpg

ちなみに富岡製糸場は工事中の場所もあり、完成したらまた見る楽しみもできました。
建築好きには見所満載の富岡市でした。


たてもの探訪【奈良井宿】

先日、思い立って長野県に行こうと国道471号線を車で走っていると、安房トンネルを越えたところで分かれ道に遭遇。まっすぐ行けば松本市、右に曲がると行ったことのない道。とりあえず右に曲がって山道を走っていくと、長野県塩尻市にある「奈良井宿(ならいじゅく)」に着きました。
2018102231.jpg

奈良井宿は鎌倉時代から残る宿場町で、中山道の宿場町の中でも特に大きいクラスになるそうで、このような街並みが1kmほど続いています。半端ないタイムスリップ感。
2018102233.jpg

その中でもひときわ大きな建物を見学。上問屋資料館(かみといやしりょうかん)といって江戸時代の270年間に問屋(といや:連絡用の馬や人足を管理運営する業務)と庄屋を兼務していた家です。
2018102234.jpg

外から見るとわかりませんでしたが、奥行がかなり長い建物です。採光や通風のためでしょうか、途中に中庭が作ってあります。
2018102235.jpg

豪快な構造材が見える吹き抜け部分。
2018102236.jpg

2階は天井を張って低くなっています。現代の住宅に比べると30cmほど天井が低くなっていますが、落ち着いた雰囲気になっています。
2018102237.jpg

古い建物ばかり見ているような気がしたので、今年4月にオープンした松本市の「信毎メディアガーデン」を見学。伊東豊雄さん設計。
2018102238.jpg

さらに時間が少しあったので、また塩尻市に戻って高ボッチ高原に。山頂は風が強く、かなり寒かったので30分ほどで下山しましたが、諏訪湖の夜景を見ることができました。
DSC_4973_00001.jpg

帰り道もそのまま一般道で長野県から岐阜県経由で帰りました。一日あったら楽しめる、いきあたりばったりの日帰り旅でした。


プロフィール

chubu-jc

Author:chubu-jc
石川県金沢市の住宅会社。外断熱、長期優良住宅(200年住宅)や自然素材、檜の家などの住宅から土地の分譲など住まいのニーズに幅広く対応。街づくりから家づくりをデザインするトータルプランナーです。

石川県人気ブログランキング
中部ジェイ・シィ HP
旧ブログ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ