FC2ブログ

最近リノベーションもやってます。

新築だけでなく、最近は、既存のお宅をガラッとまるごとリニューアルする、リノベーションのご要望もいただいております。
ビフォアとアフターで劇的に変わるので、お施主様もけっこう驚きます。先日施工させていただいたお宅。
築30年の二つの長屋をひとつに合わせてリノベーション。
201901273.jpg

最初は細かく仕切られた部屋も
201901275.jpg

壁を抜いて、広々としたLDKに!新たなキッチンにつけた食器洗い機が大変便利だと喜ばれました。
201901274.jpg

こちらは築40年のお宅の和室。
201901272.jpg

隣の台所と合わせて洋室に!畳からソファのある暮らしに。
201901271.jpg

ライフスタイルやご家族構成の変化に応じて、長く住み慣れたお住まいを現在の暮らしに合わせるようリノベーションしていきます。
ヒアリングに際してはお家に関する面白話などが飛び出すのも、この仕事の面白いところです!


10/22 社内検査

本日は金沢市で完成したお宅の社内検査を行いました。全棟、社長をはじめ社内を挙げて最終チェックを行っています。
201810222.jpg

クロスやフローリングはもちろん棚板の厚みや面取りの角度、金具の取り付け方法など、細かい部分もチェックしていきます。和やかに行われているように見えますが、実際はかなりピリピリした雰囲気です。
201810221.jpg

細かい部分も含めた全体の最終チェックに通って、お施主様にお引き渡しすることになります。
201810223.jpg

ここで、最終チェックに通らない場合はどうなるのか?と疑問を持たれた方もおられると思いますが、思い出すのも恐ろしい事態になります。
ここだけの話、かつて社内検査時に5mm厚いカウンターを見た社長が烈火の如く怒り、お施主様の了解をもらって壁を壊してやり直ししたことがありました。たかが5mm、されど5mm。建築において「神は細部に宿る」との言葉がありますが、細かい寸法の積み重ねが大きな印象になって見えてきます。
現在は寸法を標準化しているので「烈火の如く」が随分なくなりましたが、それでも毎回のチェックはみんなピリピリしています。本日は無事に社内検査を終えることができました。

スペインにて気づいたこと

先日訪れたスペイン。街並みがそろっていて美しい景観が保たれていました。
201805110.jpg

外壁にレンガや石を使った建物が多く見受けられました。建物を昔からそのまま使い続けているのだろうと思っていたら発見したのが。
201805111.jpg

こんな建築現場。最初はオシャレな足場を組んであるなぁと眺めていたのですが。
201805112.jpg

近づいてみると何かが違う。これは外壁を支えているのではと思って内部を見ると。
201805113.jpg

中は外壁一枚を残してがらんどうになっていました。通りから見える外壁部分を残して、内部は完全に新築にするようです。
201805114.jpg

街の景観はそのままですが、機能は新しく更新されていく。この街の景観への配慮が、この建築現場を見たことで少し理解できたような気がしました。

建築現場から「洗い出し」

外回りの仕上げ方のひとつに「洗い出し(あらいだし)」というものがあります。アプローチやポーチなどの小石が入っている部分の仕上げ方です。ちょっと聞いただけでは「小石」と「洗い」がつながらずイメージがわきにくいですが、作業を見ればなるほどと思います。
201711242.jpg

まずはセメントなどと水を練ったモルタルの中に小石を置いていきます。
201802271.jpg

小石が隙間なく並ぶように押さえていきます。
201802273.jpg

さらにガタツキがないように面をならしていきます。
201802274.jpg

モルタルが乾いてしまわないうちに、小石の上のモルタルをきれいにふき取っていきます。この作業が洗っているようなので「洗い出し」と言われるようになったようです。
201802275.jpg

この洗い出し仕上げは、小石の大きさや色、形などによって雰囲気が大きく変わります。和洋どちらにでも使える優秀な仕上げ方法です。ちなみに小石の粒を大きくした洗い出しの上を裸足で歩くと、痛いです。泣きそうになるくらい痛いものもあります。よって適度な大きさが良いと思います。

鈴見台の現場から

金沢市で建築中の鈴見台の家。外から見ると一段屋根が下がっている部分がLDKになります。
201711061.jpg

室内から見るとカチャカチャになっていて良くわかりませんが、南側の光が届く明るいリビングになっています。この角度からは見通しが良く、眺望も望めます。屋根を一段下げている分、吹き抜けの天井が程よい距離に。居心地の良さを感じられる場所となることでしょう。
201711062.jpg

壁の珪藻土はパターンを場所によって塗り分けしています。こちらはクシ引きといってクシのような器具でパターンをつけています。このような塗り壁は左官屋さんの手作業になり、工場製作のようなきっちりとしたものとはまた違った味があります。
201711063.jpg

こちらはキッチン前のカウンター部分の棚板。棚板にはタモの無垢板を使っており、ワイルドな杢目が出ています。木によって杢目も様々なので、選ぶ楽しみもあります。
201711064.jpg

このように細かい部分の積み重ねによって住まいが出来上がります。こちらのお宅は11月18日、19日の二日間にわたり内見会を開催いたします。ぜひこのような部分もご覧いただければと思います。
プロフィール

chubu-jc

Author:chubu-jc
石川県金沢市の住宅会社。外断熱、長期優良住宅(200年住宅)や自然素材、檜の家などの住宅から土地の分譲など住まいのニーズに幅広く対応。街づくりから家づくりをデザインするトータルプランナーです。

石川県人気ブログランキング
中部ジェイ・シィ HP
旧ブログ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ