FC2ブログ

協働(きょうどう)作業

金沢市で建築中のお住まい。室内のクリーニングが終わり完成状態に。建築は多くの職人さんが関わりますがあうんの呼吸の「協働」作業で職人さん同士の連携が必要になります。
20190808 (1)

その一例として。リビングのTV台と収納は造作で家具屋さんが作っていますが、天井のシナベニヤを貼るのは大工さん。収納部分の手掛けのセンターに合わせて、天井のシナベニヤの目地と言われるラインが通っています。
20190808 (5)

収納の扉の開け閉めの寸法に合わせて、シナベニヤをサイズ調整し目地が合うようにしています。シナベニヤはロットが違うと風合いが変わるので、同じロットで仕入れたものを大工さんと家具屋さんで製作してもらっています。
20190808 (4)

こちらは階段のアイアン手すりの支柱。スッキリと見えるよう上からビスでとめるのではなく、階段に刺すようにとめています。アイアン職人さんと大工さんの協働ですが、少しでもアイアン手すりの精度が悪いと入らず、また階段の段板の掘り込みが少しでも大きいと、隙間ができてカッコ悪い。1ミリのズレも許されない精度です。アイアン職人さんと大工さんの協働作業。
20190808 (2)

と、あまり気づかれない地味な部分ですが職人さん同士がお互いの技量を持ち寄って、ひとつの住まいを作り上げています。

飲み会の席で職人さんから「あそこの納め(細部の施工)は難儀したぞいね~!」と言われることも、また楽しからずや。

暑い夏には是非体感を!

連日の猛暑日となっております。本日は朝の9時にモデルハウスに向かうとすでに外は30℃を越えていました。
暑いのなんの、でも外の庭木に水をやらねばと汗だくになりながら水やり。
201908041 (1)

水やりが終わり中に入ると別世界です。温度・湿度がまったく違います。居心地が良いので外に出るのを控えることに。階段に座ると庭を高い位置から眺めることができ、お気に入りスポットとなっています。
201908041 (2)

温度計を確認すると10:00に外は気温30.8℃、湿度66%(金沢地方気象台発表)。エアコン一台稼働の室内は気温24.4℃、湿度43%201908041 (3)
12:00に外は気温32.2℃、湿度58%でしたが、室内は24.6℃、湿度41%でした。
201908041.jpg

前回のブログのお宅とは大違いの快適さ。ぜひ暑い時期に体感してみてください!


電気が使えない夜

昨晩のこと、アパートに帰宅すると室温は33.1℃。窓を開け部屋の温度が下がるのを待っていましたが、RC造の建物なので構造が熱を持ちなかなか冷めにくい。
TVを見ながら扇風機にあたっていると、突然ブレーカーが落ち真っ暗に。
何度やってもブレーカーが戻らず。

冷静に気づくと携帯の充電、冷蔵庫、番組録画、ウォシュレット等々普段当たり前のことができない。
電気がつかず、エアコンも扇風機も機能しない33.1℃の灼熱の真っ暗な部屋でどう一晩を乗り越えようかと。
まず閃いたのが「打ち水」。リビングの脇のベランダに水を撒くこと数回。

温度計をみると・・・

33.0℃。

微妙っ!。

そうこうしているうちに、照明代わりに使っていたスマホの充電がなくなるという悲劇。
ほんとに真っ暗になりました。

冷蔵庫にあったお茶を飲むことで涼をとる作戦に変更。
暑い真っ暗な部屋でひたすらお茶を飲むという未知の体験。

だんだんバカバカしくなって寝ることに。灼熱の部屋で寝ることに成功。

今朝、恐る恐るブレーカーを戻してみると、戻りました。
念のために電気屋さんに見てもらっても異常なし。

謎の電気の使えない夜の体験でした。電気使えるってありがたい!

熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

環の里1



中部ジェイ・シィ HP
http://www.chubu-jc.com/


インスタやってます
https://www.instagram.com/chubujc


庭の手入れ

金沢市にあるモデルハウス「環の里」の木々もきれいな緑色になってきました。これからの季節は日射遮蔽と目隠しにもなってくれます。
201905201.jpg

ヤマボウシの花も咲いています。このようにカワイイものばかりではなく
201905203.jpg

雑草が勢力を増す季節でもあります。苔に生えているものは手で一本一本抜いていきます。根っこまでキレイに抜けると嬉しいと感じるようになれば、一人前。
201905204.jpg

タンポポはなかなか厄介で、手ごわい相手です。しかし、最強の雑草「スギナ」に比べるとまだまだといったところ。
201905206.jpg

そんな雑草の中にヤマボウシが出てきました。雑草と間違えないように注意して残しています。
201905207.jpg

こちらにはコナラも出ています。
201905209.jpg

グリーンがあるとお世話もしなければならないのですが、それがまた楽しくなってきます。草むしりをやり過ぎると一日があっという間に終わってしまうので、ほどほどにするようにしています。

天井の羽目板(はめいた)

住まいの印象を決定づける要素は色々とありますが、天井は面積があるので印象が大きく変わります。その中でもナチュラルな雰囲気を出す素材として弊社でよく使われるのが羽目板(はめいた)。羽目板にも様々な種類があり、すこしだけご紹介します。

まずは杉の羽目板。杉の無垢フローリングとの相性抜群。木目がはっきりと出ているものが多いです。
201901174.jpg

こちらは栂(つが)の羽目板。木目が目立たずおとなしい印象の素材、上品な感じに仕上がります。
201901171.jpg

モデルハウスにも使用した能登ヒバ。少し黄色がかっており木の香りが強くでます。地元石川を代表する素材です。
201901173.jpg

ベイスギは色が濃く水に強いので、外壁に使うこともあります。とても落ち着いた印象に仕上がります。
201901175.jpg

番外編ですがシナベニヤ。羽目板ではないのですが、ナチュラルな感じでスタイリッシュ感もあります。こちらも人気のある素材です。
201901172.jpg

ナチュラルな雰囲気を出したい場合、その空間の印象に合わせて様々な素材があります。また、加工方法や貼り方の違いでもさらに印象は変わりますので、家づくりの悩みどころのひとつかもしれません。

プロフィール

chubu-jc

Author:chubu-jc
石川県金沢市の住宅会社。外断熱、長期優良住宅(200年住宅)や自然素材、檜の家などの住宅から土地の分譲など住まいのニーズに幅広く対応。街づくりから家づくりをデザインするトータルプランナーです。

石川県人気ブログランキング
中部ジェイ・シィ HP
旧ブログ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ