FC2ブログ

たてもの探訪【六甲枝垂れ】

神戸市の六甲山にある自然体感展望台【六甲枝垂れ】(ろっこうしだれ)。六甲山特有の自然の力を直に体感できる施設です。
DSC_0554.jpg

ドーム状の展望台に行く途中にある左右の池は氷棚といって、貯まった雨水を冬場に氷にする場所です。できた氷は氷室に貯めて夏場の施設内の冷却に使用するとのこと。通常、氷を作る場所は日光の当たらない日陰が好ましいのですが、山頂で日光を遮ることができないために、池には白い石を使って氷が解けるのを防いでいるそうです。
DSC_0567.jpg

ステンレスとヒノキで組んだドーム状のフレームは木の枝の役目となり、冬場は気候条件がそろうとフレームに樹氷がついて幻想的な風景になるようですが、あいにくの暖冬によって通常モードでした。残念。
DSC_0570.jpg

こちらの部屋は陽室、いわゆるサンルームで冬場は太陽光を取り込むことで暖かい環境を作っています。この日の六甲山の外気温は10℃でしたが室内は23℃とかなり快適でした。
DSC_0586改

中央の円筒形の筒の内部です。冬場に作った氷が壁の向こうに蓄えられ、夏場になるとその氷が解けて水になり水盤に流れてきます。そして水盤で水が蒸発する時に熱を奪うことで室内を冷やす効果があります、が冬場だったのでとても寒かったです。
DSC_0606.jpg

日本には四季があり美しい自然の表情の移ろいを感じることができます。外界と遮断し機器に頼るのではなく、その季節に応じて自然を採り入れながら快適な環境を創りだす。そんな暮らしを提案できればと思いました。




たてもの探訪【吹屋の街並み】

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
お正月休みを利用して訪れたのは岡山県高梁市(たかはしし)。市街地から車でずっと山を登っていくと山の中に街並みを発見!DSC_0391.jpg

赤色に塗られた木部と土壁が印象的な「吹屋地区」。ここには古くから近くに銅山があることと、江戸時代には鉱山が開発されたことで、江戸時代中頃から明治時代にかけて今に残る街並みが形成されていったそうです。
DSC_0410.jpg

さらに鉱山から採れる鉄を原料としたベンガラという塗料の生産が盛んで、吹屋地区で生産されていた高品質のローハベンガラは現在でも日光東照宮の補修に使われるタイプのものです。そのベンガラを使用して街並みを赤く統一しています。
DSC_0432.jpg

さらに瓦は赤い石州瓦。ここ吹屋地区の建物は銅やベンガラで財をなした商人の邸宅の集合体ですが、それぞれが自由に建物を建てたのではなく統一された街並みルールを設け、それに沿って街並みを形成していったとのこと。景観法や地区計画といった街並みに関する法律ができるずっと以前に、景観を考えて独自のルールを作り実践した吹屋の人々。現代の街づくりがやっと追いつき始めているのかもしれません
DSC_0426.jpg

街並みから離れた小高い場所に、旧吹屋小学校がありました。2012年3月まで小学校として使われていたこの建物は1900年(明治33年)に建てられたものです。文化財として後世に伝えていくために保存修理工事を行っていました。100年以上も現役で役目を果たしさらに保存されていく建物。
DSC_0420.jpg

建物や街並みが長く残っていく要因として耐久性の問題や経済的、政治的な障害、災害などを乗り越える必要がありますが、最も大きな要因はそのものを残していきたいと願う人々の思いではないでしょうか。吹屋の建物はそんなことを教えてくれているような気がしました。
プロフィール

chubu-jc

Author:chubu-jc
石川県金沢市の住宅会社。外断熱、長期優良住宅(200年住宅)や自然素材、檜の家などの住宅から土地の分譲など住まいのニーズに幅広く対応。街づくりから家づくりをデザインするトータルプランナーです。

石川県人気ブログランキング
中部ジェイ・シィ HP
旧ブログ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ