FC2ブログ

たてもの探訪【九州芸文館】

ここは福岡県の筑後市。のどかな風景の中にある、折り紙をパタパタと折ったような建物「九州芸文館」です。地域の文化交流施設として2013年にオープンしました。教室や工房スペース、ギャラリーなど様々な用途に使える施設となっています。
201708202.jpg

外のイカツイ感じに比べ、中は木を用いたナチュラルな感じでした。
201708204.jpg

2階の廊下には通路を利用した学習スペースが。
201708203.jpg

別棟になっている工房スペース。三角形の飾りのようなものがついています。
201708205.jpg

グレーになっているこの飾りのようなもの、木でできていました。風雨にさらされて色がグレーに変わっています。木を外部に使うと年月を経るとこのように色が変わります。雨の当たりにくい上部は木の色が少し残っているところもありますが、雨の当たりやすい下部は特に色が濃くなっており、自然の素材ならではの渋い感じが出ています。
201708206.jpg

建物の裏手に行くと広々とした風景が広がっていました。この建物は筑後広域公園の中にあるとのことで、公園に訪れる人も気軽に立ち寄れる施設のようです。
201708201.jpg

お盆を利用して訪れた九州でしたがあいにく天気が悪く、色々な場所を回った割には写真を撮ることができなくて残念な結果となりました。この九州芸文館の後、城下町柳川を訪れたのですが土砂降りで車から出られず。世界遺産、三重津海軍所跡では頼みのVRが使えず。佐世保の展望台では霧が発生して、夜景が見えず。何が悪かったのかと日頃の行いを悔い改める旅となりました。


たてもの探訪【有田の街並み】

ここは佐賀県西松浦郡の有田町。江戸時代から続く有田焼の産地として知られている地域です。道路の両側に昔ながらの街並みが建ち並ぶ風景がおよそ2kmほど続いています。江戸時代から明治、大正、昭和と各年代に建てられた建物が混在しており、この通りが建物の博物館のようになっていました。
201708181.jpg

大通りから路地に入っていくと
201708182.jpg

大通りとは違う風景が広がっています。石畳になった車がやっと通れるほどの道。漆喰壁の白色と山の緑のコントラストがきれいです。
201708183.jpg

この裏通りには「トンバイ塀」と呼ばれる塀が続いています。トンバイとは窯に使った耐火レンガで、そのトンバイを再利用して塀に用いたのがこのトンバイ塀だそうです。色や形がバラバラでとても味のある塀です。規則正しく作られたものとは違う美しさがあります。
201708184.jpg

色々な街並みを見ていると、その地域によってさまざまな特徴が見られます。住んでいる方々にとっては、当たり前過ぎてなかなか気づかない部分かもしれません。もちろん我々の地元の建物にもそんな特徴が出ています。
旅行に行かれた際には、その地域の建物が長い年月をかけて培ってきたものを探してみるのも一つの楽しみかもしれません。



幸町の現場から

金沢市幸町の分譲地では建築工事が進んでおります。現在3棟が建築中ですが本日はそのうちの1棟へ。
201708081.jpgこちらは2世帯住宅で2階の子世帯のリビング。勾配天井にはツガの羽目板、フローリングは杉の無垢フローリングと木の質感にこだわったお宅になっています。

201708082.jpg
現場に搬入されてきた桜の板。木目がきれいで柔らかい表情をしています。

201708083.jpg
今回はトイレのカウンターとして使用しました。木目はすべて違うので、まさに世界にひとつのカウンターです。
このように飾り棚やカウンターなどポイントで無垢材を使うのも、ナチュラルな雰囲気がお好みの方にはおすすめです。

先日、とある材木市に偶然通りかかりのぞいていたところ、なぜかテーブル用の無垢板を買ってしまいました。それも2枚。もちろん会社名で。
会社には内緒で材木屋の倉庫で保管してもらっていますが、いつばれるかとひやひやしています。

木には人を惹きつける何かがあるのかもしれません。

プロフィール

chubu-jc

Author:chubu-jc
石川県金沢市の住宅会社。外断熱、長期優良住宅(200年住宅)や自然素材、檜の家などの住宅から土地の分譲など住まいのニーズに幅広く対応。街づくりから家づくりをデザインするトータルプランナーです。

石川県人気ブログランキング
中部ジェイ・シィ HP
旧ブログ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ