FC2ブログ

最近リノベーションもやってます。

新築だけでなく、最近は、既存のお宅をガラッとまるごとリニューアルする、リノベーションのご要望もいただいております。
ビフォアとアフターで劇的に変わるので、お施主様もけっこう驚きます。先日施工させていただいたお宅。
築30年の二つの長屋をひとつに合わせてリノベーション。
201901273.jpg

最初は細かく仕切られた部屋も
201901275.jpg

壁を抜いて、広々としたLDKに!新たなキッチンにつけた食器洗い機が大変便利だと喜ばれました。
201901274.jpg

こちらは築40年のお宅の和室。
201901272.jpg

隣の台所と合わせて洋室に!畳からソファのある暮らしに。
201901271.jpg

ライフスタイルやご家族構成の変化に応じて、長く住み慣れたお住まいを現在の暮らしに合わせるようリノベーションしていきます。
ヒアリングに際してはお家に関する面白話などが飛び出すのも、この仕事の面白いところです!


天井の羽目板(はめいた)

住まいの印象を決定づける要素は色々とありますが、天井は面積があるので印象が大きく変わります。その中でもナチュラルな雰囲気を出す素材として弊社でよく使われるのが羽目板(はめいた)。羽目板にも様々な種類があり、すこしだけご紹介します。

まずは杉の羽目板。杉の無垢フローリングとの相性抜群。木目がはっきりと出ているものが多いです。
201901174.jpg

こちらは栂(つが)の羽目板。木目が目立たずおとなしい印象の素材、上品な感じに仕上がります。
201901171.jpg

モデルハウスにも使用した能登ヒバ。少し黄色がかっており木の香りが強くでます。地元石川を代表する素材です。
201901173.jpg

ベイスギは色が濃く水に強いので、外壁に使うこともあります。とても落ち着いた印象に仕上がります。
201901175.jpg

番外編ですがシナベニヤ。羽目板ではないのですが、ナチュラルな感じでスタイリッシュ感もあります。こちらも人気のある素材です。
201901172.jpg

ナチュラルな雰囲気を出したい場合、その空間の印象に合わせて様々な素材があります。また、加工方法や貼り方の違いでもさらに印象は変わりますので、家づくりの悩みどころのひとつかもしれません。

たてもの探訪【大谷石資料館】(おおやいししりょうかん)

前回の続きで、群馬県から栃木県の宇都宮へ。モデルハウス「環の里」で玄関に使用している大谷石(おおやいし)の産地です。
201901110.jpg

大谷石の採掘場跡が資料館として見学できるようになっています。周囲の岩は大谷石でできています。
201901111.jpg

地下に入ると大谷石を切り出してできた大空間が広がっています。戦時中はここに飛行機の工場が置かれたほど。外よりも気温が高く、地熱の影響で年間を通じて安定した温度になっているようです。
201901113.jpg

この空間を利用して様々な映画やPVが撮影されているとのこと。壁にその時の写真が多数展示してあります。
201901117.jpg

大きさの規格も様々あるようで、大きさ別に展示してあります。
201901114.jpg

ここでは「石の華」と呼ばれる不思議な現象があるようです。
201901115.jpg

岩肌から綿のような白い結晶の「石の華」がたくさん出ていました。触ってみると感触が感じられないほど柔らかく不思議な物体。
201901116.jpg

大谷石はそれぞれ表情があり、存在感があります。ちょっとお値段はしますが、オススメしたい素材のひとつです。
宇都宮まで遠いのでひとますモデルハウスでご覧ください。ただし「石の華」は出てこないのでご了承ください。



たてもの探訪「富岡製糸場」など

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
年末年始の休暇を利用して、群馬県と栃木県に行ってきました。群馬県でのお目当ては世界遺産「富岡製糸場」。
その前に駐車場から徒歩圏内にある建築を見て回ることにしました。まずは「上州富岡駅」、グッドデザイン賞を受賞した駅舎で設計はTNA。
201901061.jpg

水平に伸びた屋根とレンガで造られた駅舎です。
201901062.jpg

そこから歩いてすぐにある「富岡市役所」。設計は隈研吾建築都市設計事務所、木のルーバーの垂直ラインと屋根の水平ラインが強調されたデザイン。中庭を囲むような配置計画です。
201901063.jpg

最後に訪れたのが世界遺産「富岡製糸場」。
201901064.jpg

繰糸所の内部。木骨煉瓦造という他ではあまり見かけない工法で建てられています。
201901065.jpg

敷地内には社宅も。こちらの建物は明治29年以前の建築になるそうです。
201901066.jpg

ちなみに富岡製糸場は工事中の場所もあり、完成したらまた見る楽しみもできました。
建築好きには見所満載の富岡市でした。


プロフィール

chubu-jc

Author:chubu-jc
石川県金沢市の住宅会社。外断熱、長期優良住宅(200年住宅)や自然素材、檜の家などの住宅から土地の分譲など住まいのニーズに幅広く対応。街づくりから家づくりをデザインするトータルプランナーです。

石川県人気ブログランキング
中部ジェイ・シィ HP
旧ブログ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ